城方向八幡宮


城方向八幡宮の地図情報☜

城方向八幡宮について

城方向八幡宮(きたむきはちばんぐう)は、生國魂神社(いくたまじんじゃ)の境内にある8つの末社のうちのひとつ。神武天皇、応神天皇、そして神功皇后を祭神とする。北方に大坂城があり、鬼門の守護神として北向きに置かれたため、この名がついたという。方除・厄除け・勝運の神としても信仰を集めている。毎年1月13日には、御弓神事、5月5日には、走馬(そうめ)神事など、古式ゆかしく行われる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

開催:1月13日

所在地 〒543-0071 
大阪府大阪市天王寺区生玉町13-9  生国魂神社境内

電話番号

06-6771-0002

交通アクセス

(1)地下鉄谷町線「谷町九丁目駅」から徒歩で

すべての基本情報を見る

石垣城方向八幡宮は、石垣城内にある城博物館の前にある聖地で、城内には多くの寺院があり、当時の城を中心とした都市として重要な位置を占めていた。八幡宮は、徳川時代に建立されたが、国宝級の石垣城ではあるが、徳川後期には廃棄され、明治時代に再建されたものである。

八幡宮は、中世以来の武士道僧侶によって祀られてきた。その後、寺院によって祀られてきた。その後、聖地としての役割を果たしている。

八幡宮は、城博物館に入ると、城内にある寺院の見学が可能である。また、城内には象牙像や銀杏をはじめとする多くの寺院の一部がある。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。