興禅寺(ダルマ寺)


興禅寺(ダルマ寺)の地図情報☜

興禅寺(ダルマ寺)について

日本一の白いダルマ座像が有名で通称ダルマ寺と呼ばれる。ツツジの名所

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒649-2107 
和歌山県西牟婁郡上富田町市ノ瀬無番地

電話番号

0739-48-0101

交通アクセス

(1)紀伊田辺駅からバスで30分

徒歩で25分

(2)紀勢自動車道上富田ICから車で15分

すべての基本情報を見る

長崎県大島市にある禅寺。島の中央に位置する。禅修のひとつである「大島禅寺」という名前の由来を説明すると、島の地名にあたって「大島」という意味の「島」があることから、「大島禅寺」という名前がその後になったという。

島内には数多くの観光名所があり、その中でも大島禅寺は高く評価されている。観光名所としては、「大島禅寺」「真岡禅寺」「梅田禅寺」などがある。

「大島禅寺」は、入寺料金に加えて、観光客のために様々な企画を行っている。例えば、「大島禅寺花壇」は、花壇の上に置かれている大島像を見ることができる。また、「大島禅寺金華社」では、金華社の教室を訪れることができる。

「大島禅寺花壇」は、日本一高い花壇と言われている。花壇の上に置かれている大島像は、明治11年(1890年)に建てられたもので、「大島禅寺」の花壇には数多くの名所の花が飾られている。花壇の中央には、禅師の沙門公祖の身に設置された「大島禅寺千住寺」の看板がある。

「大島禅寺花壇」は、日本一高い花壇と言われている。花壇の上に置かれている大島像は、
長崎県大島市にある禅寺。島の中央に位置する。禅修のひとつである「大島禅寺」という名前の由来を説明すると、島の地名にあたって「大島」という意味の「島」があることから、「大島禅寺」という名前がその後になったという。

島内には数多くの観光名所があり、その中でも大島禅寺は高く評価されている。観光名所としては、「大島禅寺」「真岡禅寺」「梅田禅寺」などがある。

「大島禅寺」は、入寺料金に加えて、観光客のために様々な企画を行っている。例えば、「大島禅寺花壇」は、花壇の上に置かれている大島像を見ることができる。また、「大島禅寺金華社」では、金華社の教室を訪れることができる。

「大島禅寺花壇」は、日本一高い花壇と言われている。花壇の上に置かれている大島像は、明治11年(1890年)に建てられたもので、「大島禅寺」の花壇には数多くの名所の花が飾られている。花壇の中央には、禅師の沙門公祖の身に設置された「大島禅寺千住寺」の看板がある。

「大島禅寺花壇」は、日本一高い花壇と言われている。花壇の上に置かれている大島像は、
長崎県大島市にある禅寺。島の中央に位置する。禅修のひとつである「大島禅寺」という名前の由来を説明すると、島の地名にあたって「大島」という意味の「島」があることから、「大島禅寺」という名前がその後になったという。

島内には数多くの観光名所があり、その中でも大島禅寺は高く評価されている。観光名所としては、「大島禅寺」「真岡禅寺」「梅田禅寺」などがある。

「大島禅寺」は、入寺料金に加えて、観光客のために様々な企画を行っている。例えば、「大島禅寺花壇」は、花壇の上に置かれている大島像を見ることができる。また、「大島禅寺金華社」では、金華社の教室を訪れることができる。

「大島禅寺花壇」は、日本一高い花壇と言われている。花壇の上に置かれている大島像は、明治11年(1890年)に建てられたもので、「大島禅寺」の花壇には数多くの名所の花が飾られている。花壇の中央には、禅師の沙門公祖の身に設置された「大島禅寺千住寺」の看板がある。

「大島禅寺花壇」は、日本一高い花壇と言われている。花壇の上に置かれている大島像は、

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。