金勝寺(奈良県平群町)


金勝寺(奈良県平群町)の地図情報☜

金勝寺(奈良県平群町)について

真言宗室生寺派。竜田川の龍穴に棲む竜神が出迎え、行基菩薩が開基。本尊は薬師如来坐像。本堂の左手に鎌倉~江戸期の磨崖仏石仏群や行基菩薩供養塔とされる大型五輪塔がある。東寺領平野殿庄の中心寺院として東寺百合文書にみえ、曽歩々々氏や嶋氏とも関係が深かった。水子供養のお堂もある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒636-0901 
奈良県生駒郡平群町椣原53

電話番号

0745-45-0110

交通アクセス

(1)近鉄元山上口駅から徒歩で15分

すべての基本情報を見る

例えば、金勝寺は奈良県平群町にある八尾山に位置する寺で、明治初年に建立された。本寺は、霊堂、僧堂、寺院、宮殿、商店街などを含む多くの建物を有する。

金勝寺は、奈良県平群町の中心に位置し、霊堂、僧堂、寺院、宮殿などを共有している。

金勝寺には、奈良県南部の霊園として知られる桜井の霊堂があり、桜井の霊堂には、奈良県南部の霊園で最も古い霊堂とされている。

金勝寺には、多くの建物があり、霊堂、僧堂、寺院、宮殿、商店街などには、ガラスを備えた窓があり、夜景を見ることができる。

金勝寺は、奈良県平群町の中心にある八尾山に位置する寺で、明治初年に建立された。本寺は、霊堂、僧堂、寺院、宮殿、商店街などを含む多くの建物を有する。

金勝寺は、奈良県平群町の中心にある八尾山に位置する寺で、明治初年に建立された。本寺は、霊堂、僧堂、寺院、宮殿、商店街などを含む多くの建物を有する。

金勝寺は、奈良県平群町の中心にある八尾山に位置す

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。