元山上千光寺


元山上千光寺の地図情報☜

元山上千光寺について

真言宗醍醐派。役行者が若い頃に修行し、後に大峰山山上ヶ岳の行場を開いたことから「元山上」と呼ばれる。役行者の母も当地で修行したことから、女人山上として女性にも開放されている。本尊は行者の感得した千手観音、開山堂には町指定の文化財である役行者・前鬼・後鬼像が祀られている。4月に戸開け式、10月に戸締め式が行われる。その間境内の行場巡りや修行体験ができる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒636-0945 
奈良県生駒郡平群町鳴川188

電話番号

0745-45-0652

交通アクセス

(1)近鉄元山上口駅から徒歩で50分

すべての基本情報を見る

元山上千光寺は、関西地域でも有名な寺院で、聖元9年(1549)に建立された。元山上千光寺には、宝石灯、天王寺、三武天皇、天皇后、天皇太子など、多数の聖元の看板が設置されている。また、元山上千光寺内には、聖元の伝承文書を数多く研究した大坂貞夫氏の記念館があり、大坂氏の研究により、日本の伝統的な鍼灸を知ることができる。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。