槙尾山施福寺


槙尾山施福寺の地図情報☜

槙尾山施福寺について

和泉市の槙尾山(標高600メートル)の山頂手前(標高485メートル付近)にある古寺。約1450年前、欽明天皇の勅願により、行満上人によって開かれたとされる。修験道の開祖・役行者が、書写した法華経を葛城の峰々に安置し、最後の巻尾をこの地の如法峯に納めたことから「巻(まき)の尾(お)」と呼ばれ、これが山号の槙尾に変化したという。行基や空海もこの山で修行を積んだと伝えられ、往時は約3000人の僧を抱える大寺だったが、天正9年(1581)に焼失。その後、豊臣秀頼によって再興された。本尊の十一面千手千眼観世音菩薩像は毎年5月15日に開扉される。山麓からの参道は観音八丁と呼ばれる厳しい道のりだが、2005年12月より、ふもとの「槙尾中学校前」から小型バスが運行。日祝日は7往復、土曜と平日は4往復している。終点の「槙尾山」下車、徒歩30分。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒594-1131 
大阪府和泉市槙尾山町136

電話番号

0725-92-2332

交通アクセス

(1)泉北高速鉄道「和泉中央駅」下車 南海バス31・33・37系統「槙尾山口」下車 徒歩1時間

すべての基本情報を見る

槙尾山施福寺は、関西地域にある槙尾山に位置する施福寺です。その名の通り、施福の様子を眺めることができる寺院です。建物は、中世の建物となっています。施福の中心の聖地である槙尾山に位置するため、多くの寺院とは違い、施福の本質を感じられる建物です。寺院内には、施福の道具や食器などが展示されています。また、寺院内には、施福の祈りの地を持つ献血台(せきゅうたた)があり、施福を行う人たちが行った献血を眺めることができます。施福寺は、関西地域にある槙尾山に位置する施福寺です。その名の通り、施福の様子を眺めることができる寺院です。建物は、中世の建物となっています。施福の中心の聖地である槙尾山に位置するため、多くの寺院とは違い、施福の本質を感じられる建物です。寺院内には、施福の道具や食器などが展示されています。また、寺院内には、施福の祈りの地を持つ献血台(せきゅうたた)があり、施福を行う人たちが行った献血を眺めることができます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。