生根神社(大阪市西成区)


生根神社(大阪市西成区)の地図情報☜

生根神社(大阪市西成区)について

中風除け、ボケ祓(はら)いにご利益のある生根(いくね)神社。
もともとは、住吉大社の摂社・生根神社(奥の天神)から少彦名神の分霊を勧請、勝間村(こつまむら)玉出の産土大神として奉祀したのが始まりとされています。大阪市西成区付近は、古くは勝間(こつま)と呼ばれ、「こつま南瓜」がその特産物です。形は小ぶりだが肉質がしまって味がよく、昔の人は野菜が不足する冬に、保存しておいた南瓜を食べ、カロチン、鉄分などの栄養を補いました。同社では、毎年冬至の日に、小豆のあんかけ蒸し南瓜が参拝者に振舞われる「こつま南瓜祭り」が催されます。これを食べると中風除けやボケ祓いになると信じられています。また、毎年7月24・25日には、清和天皇(858年頃)の時代に始まったとされ、雨乞いが実った際の感謝の念を表す「だいがく祭り」(台楽または台額)が開かれます。玉出のだいがく(府有形文化財)を大勢の若者が担ぎ、夜には79張の提灯に灯が入り大変鮮やかです。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒557-0045 
大阪府大阪市西成区玉出西2-1-10

電話番号

06-6659-2821

交通アクセス

(1)Osaka Metro四つ橋線「玉出駅」より徒歩3分

すべての基本情報を見る

大阪市西成区の「大根神社」は、現在、大阪市西成区大根町にある。大根神社は、元々は、大阪市西成区大根町の大阪府立大学に栄える栄光の教養殿である。その後、大根町にある「大根神社」を創建したのは、大阪府立大学院大学院演劇研究科の創建者である大沢賢治(1893-1978)である。

大根神社の中央には、大阪府立大学院大学院演劇研究科の創建者である大沢賢治の「大根厳島」(1922年)が建てられている。厳島は、大根神社の厳島神社を祀る大根厳島神社神社ともいう。大根厳島神社は、元々は、大阪市西成区大根町の大根神社にある神社の外壁に、大根厳島という字を刻んだものである。

大根神社の中央には、大阪府立大学院大学院演劇研究科の創建者である大沢賢治の「大根厳島」(1922年)が建てられている。厳島は、大根神社の厳島神社を祀る大根厳島神社ともいう。大根厳島神社は、元々は、大阪市西成区大根町の大根神社にある神社の外壁に、大根厳島という字を刻んだものである。

大根神

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。