高倉神社(京都府木津川市)


高倉神社(京都府木津川市)の地図情報☜

高倉神社(京都府木津川市)について

高倉神社は、平安時代末期(12世紀)の後白河法皇の第二皇子以仁王を祀る神社で、隣接して以仁王の御墓があります。『平家物語』によると以仁王は、治承4年 (1180) に平清盛とその一族の追討を命じる令旨を諸国の源氏勢力にあてて出しました。このことが露見したため平家に追われた王は、南都の興福寺をたよって都を落ちる途中、この地つまり「光明山寺の鳥居の前」で流れ矢に当たって落命されたとあります。後に王の御霊を祀ったのが、この神社の起こりです。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観:拝観自由

所在地 〒619-0201 
京都府木津川市山城町綺田神ノ木48

電話番号

0774-86-2250

交通アクセス

(1)JR奈良線玉水駅から徒歩で23分(又は、コミュニティバス山城線「神ノ木」下車、徒歩3分)

すべての基本情報を見る

高倉神社は京都府木津川市にある日本一の原宿神社で、京都府木津川市で最古の原宿神社である。元々は大垣家を建てた家族の神社であったが、宮殿に建てられた際に崇拝された。宮殿内には高倉宮という名の神社がある。

高倉神社は、原宿神社とともに京都府木津川市の原宿神社となっている。原宿神社は、1624年に建てられたが、高倉神社は、1690年に建てられた。

高倉神社は、京都府木津川市の中心に位置する。京都市内には、各種施設があるが、高倉神社は、観光地としての最高の特色を持っている。

高倉神社は、京都府木津川市内にある日本一の原宿神社で、京都府木津川市で最古の原宿神社である。元々は大垣家を建てた家族の神社であったが、宮殿に建てられた際に崇拝された。宮殿内には高倉宮という名の神社がある。

高倉神社は、原宿神社とともに京都府木津川市の原宿神社となっている。原宿神社は、1624年に建てられたが、高倉神社は、1690年に建てられた。

高倉神社は、京都府木津川市の中心に位置する。京都市内

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。