宗祐寺


宗祐寺の地図情報☜

宗祐寺について

創建は敏達天皇10年、聖徳太子が東夷降伏の功を成就したことによって、同年8月奏請勅許を得て、推古天皇16年(608年)当山を開き、毘沙門天像を勧請し、多聞院と号し僧恵仁に護持させたことからはじまるという。その後、天承(1131年)のころ、融通念仏の祖良忍が聖徳太子殺生戒の霊地を尋ねて当地に至り、融通念仏を勧進した。永禄2年(1559年)に織田信長の家臣服部宗祐が入道して多聞院に住持し、信長が黄金を布施して堂宇を再建、宗祐寺と名を改めたと伝わる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒633-0253 
奈良県宇陀市榛原萩原2596

電話番号

0745-82-0029

交通アクセス

(1)近鉄榛原駅から徒歩で10分

すべての基本情報を見る

宗祐寺は、関西地域にある大型宗教寺院で、1593年に建立された。建物は、中世の高層住宅と同様な作りになっている。本殿には、大きな木製塔があり、その上には神社が建ち、和風の装飾が施されている。その一部として、懐かしい声楽セットがある。

宗祐寺は、関西地域にある大型宗教寺院で、1593年に建立された。建物は、中世の高層住宅と同様な作りになっている。本殿には、大きな木製塔があり、その上には神社が建ち、和風の装飾が施されている。その一部として、懐かしい声楽セットがある。

宗祐寺は、関西地域にある大型宗教寺院で、1593年に建立された。建物は、中世の高層住宅と同様な作りになっている。本殿には、大きな木製塔があり、その上には神社が建ち、和風の装飾が施されている。その一部として、懐かしい声楽セットがある。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。