普門寺(兵庫県赤穂市)


普門寺(兵庫県赤穂市)の地図情報☜

普門寺(兵庫県赤穂市)について

普門寺は天台宗園城派の寺院で、本堂には平安時代前期の作品と推定される十一面千手観世音菩薩坐像があります。高さ104.5cmの一木造で、密教的特色を示す力強い作風を表現しています。十一面千手観音の坐像としては、県下唯一のものであり、昭和24年(1949)に国の重要文化財の指定を受けています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒678-0221 
兵庫県赤穂市尾崎825-2

電話番号

0791-42-3669

交通アクセス

(1)JR播州赤穂駅から車で20分

すべての基本情報を見る

普門寺は、兵庫県赤穂市にある、古くから信仰を持ち、宗教的な重要地域である。普門寺は、兵庫県立体芸術劇場(兵庫県赤穂市)、兵庫県立美術館(兵庫県赤穂市)をはじめとする、文化・芸術の中心となっている。

普門寺は、金閣寺に次いで、兵庫県の三大寺院の一つである。金閣寺は、天皇陛下が開催した国際日本文化祭の会場である。普門寺は、明治14年(1889年)に建てられたものである。その後、第二次世界大戦によって、日本兵が戦場を駆け抜け、寺院に働いた。その後、日本兵が撤退していく中で、寺院は残っている。

普門寺は、その中でも特に、戦後になって日本兵が寺院に働き、寺院内で作業をしていた兵庫県立体芸術劇場の様子を描いた『寺院で作業』という作品がある。その作品は、多くの人に感動を与えている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。