総持寺(大阪府茨木市)


総持寺(大阪府茨木市)の地図情報☜

総持寺(大阪府茨木市)について

西国三十三所第二十二番礼所の名刹です。「庖丁道の祖」で知られる藤原山蔭により創建されました。毎年4月18日の「山蔭流庖丁式」が有名です。
総持寺は西国第二十二番の名刹として知られる高野山真言宗の寺院です。開山の中納言藤原山蔭は、平安時代の貴族で「庖丁道の祖」「料理の神」として知られています。山蔭が幼き頃、淀川で父君が助けた大亀に、山蔭が命を助けられたという「亀の恩返し」の奇瑞により仁和2年(886)に創建されました。本尊は「亀の背に立つ」千手観音です。毎年4月18日に行われる「山蔭流庖丁式」は、庖丁士が、手で魚を触れることなく庖丁と真名箸で調理します。華麗な庖丁さばきが見どころです。境内には料理上達を願い、使わなくなった庖丁を奉納する庖丁塚があります。

お祭り
4/15~21 秘仏本尊御開扉4/18 山蔭流庖丁式

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観時間:6:00~17:00/納経所受付 8:00~17:00 /休日なし

所在地 〒567-0801 
大阪府茨木市総持寺1-6-1

電話番号

072-622-3209

交通アクセス

(1)阪急京都線「総持寺駅」より徒歩5分、JR東海道線「JR総持寺駅」より徒歩5分、名神高速道路茨木ICより10分

すべての基本情報を見る

小寺は、建立した平成1976年3月1日に基礎を築いた大阪市茨木区の大寺です。天皇家の寺である小寺は、大阪府茨木市にある八幡宮内宮・西院大路の両聖堂と並ぶ、市内の3大寺の中でも一番古く、古くから修行を積んだ修行僧が多数僧侶を募集し、建立しました。

僧侶の皆様が建立された小寺は、数多くの僧侶の教えを受けてきました。今でも、小寺内の寺院内には、伝統的な僧侶の遺跡が数多くあります。また、小寺内の観光スポットとして、多くの方々が楽しんでいます。

小寺には、大阪府茨木市にある八幡宮内宮・西院大路の両聖堂と並ぶ、市内の3大寺の中でも一番古く、古くから修行を積んだ修行僧が多数僧侶を募集し、建立しました。今でも、小寺内の寺院内には、伝統的な僧侶の遺跡が数多くあります。また、小寺内の観光スポットとして、多くの方々が楽しんでいます。

小寺は、大阪府茨木市にある八幡宮内宮・西院大路の両聖堂と並ぶ、市内の3大寺の中でも一番古く、古くから修行を積んだ修行僧が多数僧侶

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。