白峯神宮


白峯神宮の地図情報☜

白峯神宮について

明治天皇が讃岐の白峯陵から崇徳天皇の御神霊を奉じて創建された。蹴鞠が有名。現在ではサッカーや球技等スポーツの守護神として参拝者が多い。闘魂守が有名。9月21日崇徳天皇祭にあわせて夜に神賑行事として上京薪能が執り行われます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒602-0054 
京都府京都市上京区今出川通堀川東入ル飛鳥井町261

電話番号

075-441-3810

すべての基本情報を見る

白峯神宮は、関西地域にある白峯神宮で、白峯神宮の原祭神とされている比叡峯神が祀られている。宮内は、天然の紅柳樹の下に建っている。白峯神宮は、関西大震災後に、関西地域に広がる救援活動の一環として開設された。白峯神宮は、関西でも最も古く、古代から祀られている神宮となっている。

白峯神宮には、関西で最も古く、古代から祀られている神宮となっている。白峯神宮には、関西で最も古く、古代から祀られている神宮となっている。白峯神宮の原祭神とされている比叡峯神が祀られている。宮内は、天然の紅柳樹の下に建っている。白峯神宮は、関西大震災後に、関西地域に広がる救援活動の一環として開設された。白峯神宮は、関西でも最も古く、古代から祀られている神宮となっている。

関西地域にある白峯神宮は、白峯神宮の原祭神とされている比叡峯神が祀られている。宮内は、天然の紅柳樹の下に建っている。白峯神宮は、関西大震災後に、関西地域に広がる救援活動の一環として開設された。白峯神宮は、関西でも最も古く、古代から祀られてい

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。