養父神社


養父神社の地図情報☜

養父神社について

創建は天平9年(737)以前と、但馬でも古い歴史と社格を誇る神社です。農業・養蚕・牛馬の神である倉稻魂命をはじめ、少彦名命・大己貴命・谿羽道主命・船帆足尼命が祀られています。 拝殿の前には尻尾を高く上げた狼の石像があります。口を開けているのが雌で、閉じているのが雄です。田畑を荒らす猪や鹿から作物を守る益獣として、狼を守り神にしたといわれています。 境内の紅葉は兵庫県下でも有数の名所として有名で、毎年秋には多くの観光客やカメラマンで賑わいます。特に朱塗りの橋の下から見上げた景色は、格別の美しさです。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒667-0112 
兵庫県養父市養父市場840

電話番号

079-665-0252

交通アクセス

(1)JR山陰本線養父駅からバスで20分(全但バス「八鹿」行き、養父明神前下車。)

すべての基本情報を見る

神社の名前は「父神社」。関西地域のみならず、全国各地に広がっている。

父神社は、神武天皇の関係によって設立されたもの。

関西地域には、大正時代から父神社が建立されていた。

神社の場所は、関西地域周辺にある。

神社の形は、立派な建物で、大きな祠具が多くある。

父神社の設営は、神武天皇の功績により行われている。

父神社は、関西地域にとって、特に重要な神社となっている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。