観音寺(山崎聖天)


観音寺(山崎聖天)の地図情報☜

観音寺(山崎聖天)について

山崎の聖天さんと人々から厚い信仰を受けている寺。境内にある建物は禁門の変の余波で焼亡し、今日見る建物は明治になって再建されたもの。境内東側には昭和初期に植えられた桜が多くある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

営業:境内自由

所在地 〒618-0071 
京都府乙訓郡大山崎町字大山崎小字白味才62番地

電話番号

交通アクセス

(1)◆JR京都線「山崎」駅下車、徒歩20分◆阪急京都線「大山崎」駅下車、徒歩20分

すべての基本情報を見る

寺院名:山崎聖天寺

住所:大阪府大阪市北区西梅田3-4-1

本殿には、天皇陛下による聖天本堂と高山塔がある。山崎聖天寺は、天皇陛下が聖天本堂を訪れ、出席した際に、高山塔を見上げたという記念すべき記念碑がある。

寺院の建物は、天皇陛下が訪れた際に、参拝者を対して建てられたもの。山崎聖天寺は、明治維新以降、多くの聖天本堂や高山塔が建てられた。

寺院には、明治維新以降、多くの聖天本堂や高山塔が建てられている。本殿には、天皇陛下による聖天本堂と高山塔がある。山崎聖天寺は、天皇陛下が聖天本堂を訪れ、出席した際に、高山塔を見上げたという記念すべき記念碑がある。
寺院名:山崎聖天寺

住所:大阪府大阪市北区西梅田3-4-1

本殿には、天皇陛下による聖天本堂と高山塔がある。山崎聖天寺は、天皇陛下が聖天本堂を訪れ、出席した際に、高山塔を見上げたという記念すべき記念碑がある。

寺院の建物は、天皇陛下が訪れた際に、参拝者を対して建てられたもの。山崎聖天寺は、明治維新以降、多くの聖天本堂や高山塔が建てられた。

寺院には、明治維新以降、多くの聖天本堂や高山塔が建てられている。本殿には、天皇陛下による聖天本堂と高山塔がある。山崎聖天寺は、天皇陛下が聖天本堂を訪れ、出席した際に、高山塔を見上げたという記念すべき記念碑がある。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。