良疇寺


良疇寺の地図情報☜

良疇寺について

臨済宗妙心寺派の禅寺で、天山和尚が開祖。
本堂の前庭は、曽呂利信左衛門の作といわれており、境内庭園には200本以上の梅があります。松尾芭蕉の句碑が山門をくぐった所にある他、琵琶湖側に青銅製28mの「長浜びわこ大仏」が立っています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒526-0047 
滋賀県長浜市下坂浜町86

電話番号

0749-62-1770

交通アクセス

(1)[公共交通]JR琵琶湖線「長浜駅」下車 彦根行きバスにて「大仏前」下車すぐ [自動車]北陸自動車道長浜ICより15分 [駐車場]乗用車20台、大型バス2~3台

すべての基本情報を見る

良疇寺は、関西地域に位置し、静岡県中部に位置する。寺院は、静岡県中部高松市にある。建物は、明治維新以降の前期から中期にかけて建てられた。昭和22年(1947年)に建てられた現在の寺院である。建物の外観は、建築物としての良さが特徴である。

寺院内には、大きな木造建物が数多くあり、その内部には寺院内の使用用品などが設置されている。寺院内には、高松県立博物館との間にある記念物として、三重県立博物館との間にある記念物がある。また、寺院内には、非公式な会場として、アクティビティスペースや映画館などがある。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。