須磨寺(福祥寺)


須磨寺(福祥寺)の地図情報☜

須磨寺(福祥寺)について

正式名は上野山福祥寺(じょうやさんふくしょうじ)であるが、古くから「須磨寺」の通称で親しまれてきた。平敦盛遺愛の青葉の笛や弁慶の鐘、さらに敦盛首塚や義経腰掛の松など、多数の重宝や史跡があり「源平ゆかりの古刹」として全国的に知られている。

源氏物語ゆかりの若木の桜や、源平合戦で戦った平敦盛の首塚、青葉の笛などの史跡も多数。芭蕉や子規の句碑もあって歴史的みどころ満載。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

見学時間:8:30~17:00

所在地 〒654-0071 
兵庫県神戸市須磨区須磨寺町

電話番号

078-731-0416

交通アクセス

(1)須磨寺駅から徒歩で5分

すべての基本情報を見る

磨寺は、中世以降、関西地域では最も活躍した寺院です。関西では最古の教会として磨寺が誇ります。

関西の中心地である大阪では磨寺は建てられていませんが、関西地域においては、様々な寺院が磨寺を通じて催促されています。

磨寺は、中世には山梨県内で最も古く、関西地域では最古の大寺です。中世には、七大寺と呼ばれていました。

磨寺は、大阪市内にありますが、関西地域においては、大阪市内における寺院としては欠かせない地域です。

磨寺の場所

磨寺は、大阪市中央区南区西3-5-1 の西側にある寺院です。

磨寺の内覧

磨寺は、大阪市内の中心地にあり、大阪市内の寺院としては欠かせない地域です。

磨寺の内覧

磨寺は、大阪市内の中心地にあり、大阪市内の寺院としては欠かせない地域です。

磨寺の内覧

磨寺は、大阪市内の中心地にあり、大阪市内の寺院としては欠かせない地域です。

磨寺は、大阪市内の中心地にあり、大阪市内の寺院としては欠かせない地域です。

磨寺は、関西地域では最も
磨寺は、中世以降、関西地域では最も活躍した寺院です。関西では最古の教会として磨寺が誇ります。

関西の中心地である大阪では磨寺は建てられていませんが、関西地域においては、様々な寺院が磨寺を通じて催促されています。

磨寺は、中世には山梨県内で最も古く、関西地域では最古の大寺です。中世には、七大寺と呼ばれていました。

磨寺は、大阪市内にありますが、関西地域においては、大阪市内における寺院としては欠かせない地域です。

磨寺の場所

磨寺は、大阪市中央区南区西3-5-1 の西側にある寺院です。

磨寺の内覧

磨寺は、大阪市内の中心地にあり、大阪市内の寺院としては欠かせない地域です。

磨寺の内覧

磨寺は、大阪市内の中心地にあり、大阪市内の寺院としては欠かせない地域です。

磨寺の内覧

磨寺は、大阪市内の中心地にあり、大阪市内の寺院としては欠かせない地域です。

磨寺は、大阪市内の中心地にあり、大阪市内の寺院としては欠かせない地域です。

磨寺は、関西地域では最も
磨寺は、中世以降、関西地域では最も活躍した寺院です。関西では最古の教会として磨寺が誇ります。

関西の中心地である大阪では磨寺は建てられていませんが、関西地域においては、様々な寺院が磨寺を通じて催促されています。

磨寺は、中世には山梨県内で最も古く、関西地域では最古の大寺です。中世には、七大寺と呼ばれていました。

磨寺は、大阪市内にありますが、関西地域においては、大阪市内における寺院としては欠かせない地域です。

磨寺の場所

磨寺は、大阪市中央区南区西3-5-1 の西側にある寺院です。

磨寺の内覧

磨寺は、大阪市内の中心地にあり、大阪市内の寺院としては欠かせない地域です。

磨寺の内覧

磨寺は、大阪市内の中心地にあり、大阪市内の寺院としては欠かせない地域です。

磨寺の内覧

磨寺は、大阪市内の中心地にあり、大阪市内の寺院としては欠かせない地域です。

磨寺は、大阪市内の中心地にあり、大阪市内の寺院としては欠かせない地域です。

磨寺は、関西地域では最も

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。