千手寺


千手寺の地図情報☜

千手寺について

空海が唐からの帰国に際し、本国に向かって「独鈷(とっこ)」を投げたところ、千手寺のある山の松にかかり、帰国後、白鹿に導かれて探し当てました。以来、この地を「鹿谷(ろくや)」山を「獨鈷抛山(とこなげさん)」というようになったといわれます。
本尊に市指定文化財である千手観音が置かれているところから、千手寺と呼ばれています。
4月17日と7月17日には「千日まいり」が行われ、多くの参拝者でにぎわいます。
目の観音さんとして知られていて、境内より湧き出る清水で目を洗い、または飲むことによって眼病が治ると言われています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

営業:拝観自由

所在地 〒621-0037 
京都府亀岡市ひえ田野町鹿谷

電話番号

交通アクセス

(1)◆JR嵯峨野線「亀岡」駅から京阪京都交通バスで約15分「国道佐伯」下車、徒歩約60分

すべての基本情報を見る

高層ビルが並ぶ千手寺は関西でも最高級の千手寺です。近くにはヴィクトリアン美術館や山中湖があり、美しいビル群とともに観光地としても活躍しています。千手寺では、寺内には日本の伝統文化を感じられる壁画や寺院内にある約400種類の木造建築物があります。

千手寺の内装

千手寺の内装は、日本の伝統文化を感じられる壁画や寺院内にある約400種類の木造建築物があります。寺内には日本の伝統文化を感じられる壁画や寺院内にある約400種類の木造建築物があります。この内装は、寺院内の壁には日本の伝統文化を感じられるようにデザインされています。

千手寺の様子

千手寺は、関西でも最高級の千手寺です。近くにはヴィクトリアン美術館や山中湖があり、美しいビル群とともに観光地としても活躍しています。千手寺では、寺内には日本の伝統文化を感じられる壁画や寺院内にある約400種類の木造建築物があります。千手寺には、寺内には日本の伝統文化を感じられる壁画や寺院内にある約400種類の木造建築物があります。この内装

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。