於美阿志神社・檜隈寺跡


於美阿志神社・檜隈寺跡の地図情報☜

於美阿志神社・檜隈寺跡について

大陸から渡来した東漢氏(やまとのあやうじ)の祖、阿智使主(あちのおみ)を祀る於美阿志神社は、明治時代に現在の地に移された。

この地にかつて置かれたのは、同氏の氏寺とされる檜隈寺(ひのくまでら)。

現存する平安時代の十三重石塔(重要文化財)は、檜隈寺の廃絶後、塔心礎の上に建てられた。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒634-0135 
奈良県高市郡明日香村檜前

電話番号

交通アクセス

(1)飛鳥駅から徒歩で20分

すべての基本情報を見る

美阿志神社は、関西地域にある檜隈寺跡として、古くから信仰されている。現在、檜隈寺跡内には、美阿志神社とその周辺において、多くの寺院、聖地がある。

美阿志神社は、関西地域の町の北西に位置し、檜隈寺跡の中央にある。美阿志神社には、大きな大社がある。その大社の一つが、檜隈寺跡の中央にある美阿志神社大社で、この大社は、明治維新以降、多くの聖地を支えてきた。

美阿志神社は、古くから祈祷を通じて、人々の心を癒してきた。多くの人が、神社に訪れることを利用して、自分の人生を見直すことができる。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。