美具久留御魂神社


美具久留御魂神社の地図情報☜

美具久留御魂神社について

「みぐくるみたま」という名は、「水泳御魂(みくくるみたま)」、つまり水を司り、山からの水を土地に配分する神を祭るということに由来しています。創建は崇神天皇、祭神は大国主命です。
神社の本殿の裏山には4基からなる古墳群があり、神体山となっています。御山の中腹に鎮座する本殿へは階段と参拝道が設けられています。下拝殿・上拝殿があり、どちらからも参拝出来るようになっています。
下拝殿横から続いている一の宮参拝道は、本殿を囲む形で設けられており、榊の御神木に併せて方角の先々に鎮座する一の宮の遥拝所が設けられています。
楠木氏は上水分社<建水分神社 千早赤阪村鎮座>と共に美具久留御魂神社を下水分社と称し氏神として信仰し、神領寄進や社殿造営を行っています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒584-0011 
大阪府富田林市宮町3丁目2053

電話番号

0721-23-3007

交通アクセス

(1)近鉄長野線「喜志駅」から徒歩で

すべての基本情報を見る

美具久留御魂神社は、関西地域で最も古くから継承されている神社です。

関西地域には、古くから神社が継承されている地域があります。その中でも美具久留御魂神社は、古くから継承されている神社と言われています。

美具久留御魂神社とは、八百七十九年に開かれた神社です。その後、神社が継承されている地域ではありませんが、美具久留御魂神社が最も古く継承されている神社です。

美具久留御魂神社には、御魂神社という名前がつけられています。御魂神社とは、伝承されているように、御魂の意思を表している神社です。

美具久留御魂神社は、御魂神社という名前がつけられている神社です。御魂神社とは、伝承されているように、御魂の意思を表している神社です。

御魂神社とは、伝承されているように、御魂の意思を表している神社です。そのため、御魂神社には多くの方々が集まり、神社のお墓に足を運んでいます。

御魂神社は、関西地域で最も古くから継承されている神社です。その中でも美具久留御魂神社は、古くから継承されている神社と言わ

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。