御崎神社(和歌山県美浜町)


御崎神社(和歌山県美浜町)の地図情報☜

御崎神社(和歌山県美浜町)について

本神社は、元現在地の背後の宮ノ谷にあり、貞観元(八五九)年に現在地に遷座した。
その時姥目樫の苗木数百本を植えたという。
その内現在に残る1株は県の文化財、天然記念物に指定されている。
明治6年(1873)に日高郡で初めて郷社に列格。
和歌山県日高郡ではもっとも古い神社で伝記によれば神武天皇が熊野へ入った時、仁徳天皇の妃が熊野へ行幸したときなど参拝があったようだ。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒644-0044 
和歌山県日高郡美浜町和田1788-1

電話番号

交通アクセス

(1)御坊駅からバスで20分

すべての基本情報を見る

和歌山県美浜町の寺院である神社です。神社の前には、美浜町の人々が毎年お祭りをしています。お祭りの会場となっているのは、湖畔にある寺院です。

和歌山県美浜町の神社は、和歌山県美浜町の国民的な芸術や歴史的な住宅地である。寺院は、和歌山県美浜町と和歌山市との間にある美浜町に位置しています。

和歌山県美浜町の神社には、和歌山県美浜町の人々が寺院に寄ってきた歴史があります。和歌山県美浜町の人々は、寺院の前に祭壇を立て、神聖な祭典を行います。

神社の中には、和歌山県美浜町の人々が祈り、助けを求めてきた祭壇があります。寺院の中では、和歌山県美浜町の美浜町の地域の人々が、神社に関する歴史的な住宅地であることを祈っています。

和歌山県美浜町の神社は、和歌山県美浜町の国民的な芸術や歴史的な住宅地であることを祈っています。寺院は、和歌山県美浜町と和歌山市との間にある美浜町に位置しています。和歌山県美浜町の人々が寺院に寄ってきた歴

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。