秦楽寺


秦楽寺の地図情報☜

秦楽寺について

大化三年(647)、秦河勝の建立と伝えられる。本堂の千手観音像は百済から聖徳太子に献じられたもので、河勝が太子より賜ったものという。また境内の「阿字池」は、弘法大師が築造したと伝えられている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒636-0343 
奈良県磯城郡田原本町秦庄267

電話番号

交通アクセス

(1)近鉄笠縫駅から徒歩で5分

すべての基本情報を見る

高松市の高松市秦楽寺は、高松市内にある上段にて築かれた秦楽寺で、地下3階にある蔵書室では、秦楽寺の歴史についての古典文学、哲学、芸術などを収録した「古美術展」が開催されている。また、高松市で開催されている「高松市秦楽寺夏祭り」には、秦楽寺内にある「秦楽寺院」で演奏される大観衆音楽会、高松市内の観光名所「三十三間堂」では、秦楽寺にある「三十三間堂大演奏会」が開催されている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。