柏原八幡宮


柏原八幡宮の地図情報☜

柏原八幡宮について

本殿と拝殿が連接され、桃山時代の様式をもつ建物。国重文の社殿と県指定の三重塔がある。

厄除けの神威が高く、毎年2月17日、18日に斉行する厄除大祭は「丹波柏原の厄神さん」と呼ばれ、全国より多くの参拝者で賑わいます。17日深夜に執り行われる「青山祭壇の儀」は日本最古の厄除神事で、道餐祭(みちあえのまつり)や疫神祭(えきじんさい)の遺風を今に伝えています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒669-3309 
兵庫県丹波市柏原町柏原3625

電話番号

0795-72-0156

交通アクセス

(1)柏原駅から徒歩5分

すべての基本情報を見る

柏原八幡宮は、関西地域の約束の八幡宮である。八幡宮は、その地域にある平安神社と神社の交差点にある。平安神社には、天皇や皇太子の聖堂があり、皇太子の聖堂の中央には、八幡宮の神殿がある。八幡宮は、日本政府が世界遺産に登録した神殿であり、関西地域における一大神殿となっている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。