長等神社


長等神社の地図情報☜

長等神社について

西暦667年頃の天智天皇の御世、近江大津宮の鎮護として長等山岩座谷の霊地に須佐之男命を祭祀されたことを起源とする1300年の歴史を持つ神社。
後に園城寺(三井寺)の守護神として勧請合祀された大山咋大神(日吉大神)など五柱の主祭神を祀る神社として、 繁栄と安定を願う多くの皇族の方々や著名な武将に愛されてきた。
大津市指定文化財である豪華な朱塗りの楼門、全国的にも類例の少ない五間社流造の本殿、 それを取り囲む回廊など、見所が多い。
また、自然にも恵まれているため季節ごとに景観が楽しめる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒520-0034 
滋賀県大津市三井寺町4-1

電話番号

077-522-4411

交通アクセス

(1)京阪石山坂本線「三井寺駅」から10分

すべての基本情報を見る

八木神社(八木市)

八木神社(八木市)は、関西地域にある長等神社です。本神社は、819年、八木市の中心部に築かれました。本神社は、祈祷の場としての役割もあります。また、市内の中心にあるため、市民の敬意を集めるための機能も持ちます。

八木神社の構図

八木神社の構図は、祈祷の場としての役割を果たし、市内の中心にあるため、市民の敬意を集めるための機能を持ちます。八木神社の構図は、左側に祈祷堂、右側に櫻井神社となっています。中央には、大社があり、その内部には、様々な神社があります。また、右側には、お寺があり、その内部には、様々なお寺があります。

八木神社の神話

八木神社の神話は、長等神社としては、古くからあるとみられています。八木神社の様々な神話には、特に、櫻井神社との関係が深く、多くの神話があります。

また、八木神社は、市民の敬意を集めるための機能としても有名です。市民が集まるための機能としては、市民の敬意を集めるための枠組みがあり、市民が集まるための機能としては、市民の敬意を集めるための枠

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。