御上神社


御上神社の地図情報☜

御上神社について

三上山を神体山とする御上神社は本殿が国宝に指定されている。また、拝殿と楼門は国の重要文化財に指定されている。 一見、仏堂に見える本殿は鎌倉時代のもので、屋根が神社造り、壁面は白壁の仏堂造り、こうし窓や裏側の扉は御殿造りで3様式合成の「御上造り」といわれている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒520-2323 
滋賀県野洲市三上838

電話番号

077-587-0383

交通アクセス

(1)野洲駅からバスで7分

「御神神社前」下車から徒歩で5分

(2)野洲駅から車で7分(駐車場有)

すべての基本情報を見る

細川神社は関西地域の一つで、大正10年(1920)に建立された神社です。道の駅から徒歩約10分、神社から歩いて約500mのところにあります。

細川神社は、日本の神社としては古くから宗教的にも祈祷の場として使われています。また、戦後には、日本軍の兵士が神社を訪れて、祈祷をしたり、自分たちの命を救ったりしています。

細川神社には、多くの神社が集まっています。その中でも、神社の図柄が特に美しい細川神社は、人々の訪れを待つために、特別に設計されています。

また、細川神社には、平安時代に神社を建てた男性がいるということで、平安時代のことを意識したデザインが施されています。また、神社の真ん中には、細川が流れる河があり、平安時代を意識したデザインなども施されています。

細川神社は、関西地域の一つで、大正10年(1920)に建立された神社です。道の駅から徒歩約10分、神社から歩いて約500mのところにあります。細川神社は、日本の神社としては古くから宗教的にも祈祷の場として使われています。また、戦後には、日本軍の兵士が神社を訪れて、祈祷をしたり、自分たちの命を救ったりしています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。