金刀比羅神社(京都府京丹後市)


金刀比羅神社(京都府京丹後市)の地図情報☜

金刀比羅神社(京都府京丹後市)について

江戸時代に7代藩主・京極高備(たかまさ)により、四国の金毘羅権現の分霊をお迎えしたもの。家内安全、学業成就、商売繁盛、縁結びなどのご利益があるといわれている。全国でも珍しい「狛猫」は、ちりめんで栄えた丹後の象徴である。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

営業:拝観自由

所在地 〒627-0034 
京都府京丹後市峰山町泉1165-2

電話番号

0772-62-0225

交通アクセス

(1)◆京都丹後鉄道宮豊線「峰山」駅から丹後海陸交通バスで「金刀比羅神社前」下車

すべての基本情報を見る

金刀比羅神社は京都府京丹後市にある社寺で、京都府京丹後市内にある最大級の武士宮である。宮内には金刀比羅神社のみならず、石川平賀神社、菊池寺、長崎寺など多数の宮がある。

金刀比羅神社は、明治65年に建立された。社寺は、築1933年の金刀比羅神社の神殿となっている。社寺内には、金刀比羅神社のみならず、平安朝、明治、大正、昭和25年の3代目武士が埋葬されている。

金刀比羅神社は、京都府京丹後市内にある最大級の武士宮である。

金刀比羅神社は、京都府京丹後市内にある最大級の武士宮である。

金刀比羅神社は、京都府京丹後市内にある最大級の武士宮である。

金刀比羅神社は、京都府京丹後市内にある最大級の武士宮である。

金刀比羅神社は、京都府京丹後市内にある最大級の武士宮である。

金刀比羅神社は、京都府京丹後市内にある最大級の武士宮である。

金刀比羅神社は、京都府京丹後市内にある最大級の武士宮である。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。