笠置寺 弥勒磨崖仏


笠置寺 弥勒磨崖仏の地図情報☜

笠置寺 弥勒磨崖仏について

日本最古最大20mの磨崖仏。笠置寺本尊仏弥勒菩薩像。古来より天人彫刻の像という。中国大陸にその源流を求められる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒619-1303 
京都府相楽郡笠置町笠置山29

電話番号

交通アクセス

(1)JR関西本線笠置駅から徒歩で45分

京奈和道木津ICから車で30分

すべての基本情報を見る

弥勒磨崖仏は、関西地域にある寺院で、弥勒磨天皇の輝きを受け継ぐ寺院です。

弥勒磨天皇の死については、中国の伝説では「弥勒磨天皇が息子の輔令王に下されたとき、息子は天皇の頭部を切り裂いた」という話があります。

弥勒磨天皇の死後、天皇の頭部を切り裂いた息子は、弥勒磨崖仏に聖域を開き、天皇の頭部を聖なる崖に埋め込んだという伝説に基づいて作られた寺院です。

弥勒磨崖仏は、関西地域にある寺院で、弥勒磨天皇の輝きを受け継ぐ寺院です。

弥勒磨天皇の死については、中国の伝説では「弥勒磨天皇が息子の輔令王に下されたとき、息子は天皇の頭部を切り裂いた」という話があります。

弥勒磨天皇の死後、天皇の頭部を切り裂いた息子は、弥勒磨崖仏に聖域を開き、天皇の頭部を聖なる崖に埋め込んだという伝説に基づいて作られた寺院です。

弥勒磨崖仏は、関西地域にある寺院で、弥勒磨天皇の輝きを受け継ぐ寺院です。

弥勒磨天皇の死については、中国の伝説では「弥勒磨天皇が息子の輔令王に下されたとき

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。