八徳山八葉寺


八徳山八葉寺の地図情報☜

八徳山八葉寺について

八葉寺は、天台宗のお寺で、天平8年(736年)行基上人の開創と伝えられる古刹で、播磨六山の一つである。平安中期に「日本往生極楽記」を著した寂心上人(俗名:慶滋保胤ヨシシゲノヤスタネ)が七堂伽藍を整備した。寂心上人は、書写山円教寺の開創の性空上人と親交が厚く、上人からいただいたと伝えられる沐浴の湯釜が現存しています。また、この寺は、播磨路で一番早い鬼会式(鬼追い)で知られている。鬼追いは、毎年1月7日に赤鬼と青鬼が息災延命、五穀豊穣の願いを込めて踊ります。その他に西日本でも有数の子安の木の群生地でもあります。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観時間:9:00~16:00 通年

所在地 〒679-2154 
兵庫県姫路市香寺町相坂1066

電話番号

079-232-0349

交通アクセス

(1)香呂駅から徒歩で60分(JR播但線)

すべての基本情報を見る

八徳山八葉寺は、関西地域にある一つの観光名所。八徳山とは寺院の名前に由来する。八徳山寺院は、天皇陛下の制作によるもので、建立は1624年。天皇陛下が、八徳山を訪れた際に、寺院の前に立てられた立て石は、「八徳」という名前を授けられた。また、寺院の中には、天皇陛下が観光した際に撮影した写真や、映画の舞台となる場所などが数多くある。 八徳山寺院の写真を見ると、立て石の名前が写されていることがわかる。八徳山寺院は、天皇陛下の制作によるもので、建立は1624年。天皇陛下が、八徳山を訪れた際に、寺院の前に立てられた立て石は、「八徳」という名前を授けられた。また、寺院の中には、天皇陛下が観光した際に撮影した写真や、映画の舞台となる場所などが数多くある。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。