久久比神社


久久比神社の地図情報☜

久久比神社について

本殿は三間社流造、こけら葺き。室町時代、永正4年(1507年)の建立で、国の重要文化財に指定されています。創始にコウノトリが関わった伝説があります。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒668-0813 
兵庫県豊岡市下宮318-2

電話番号

すべての基本情報を見る

神社は長年にわたり、地域の人々にとって恩恵と力を与えてきた。そのため、神社に関する多くの話題が広がっている。そこで、この記事では、神社を詳しく紹介し、その力と恩恵を語っていきたい。

神社は、日本ではとても広く使われている。たとえば、京都の七里神社や兵庫の神戸天神社など、その地域に根付いた神社が多く存在する。神社に関する話題は多く、その中でも特に力強いものが、神社と社会の貢献に関する話題だ。

例えば、神社と社会における力強い関係があるとして、長年にわたり、神社が地域の人々にとって恩恵と力を与えてきたこと。その結果、地域の人々にとって神社は、運命や命運を決める巨大な力となっている。また、神社との出会いと結びつけていることもある。例えば、京都の七里神社では、近代日本の法制度を構築した法政大学の創始者である法藤賢治の名前が入っている。

そして、神社が地域の人々にとって恩恵と力を与えてきたことから、神社を詳しく紹介すると、地域の人々が心を込めて守るための手段となっている。例えば、京都の七里神社では

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。