金剛城寺


金剛城寺の地図情報☜

金剛城寺について

推古天皇の頃、三論宗の高麗の僧恵潅法師に依り滋岡寺として開基され慶長6年台肪明党上人により寺号を七種山金剛城寺と改称された。真言宗の名刹であり、新西国三十番の札所として現在も繁栄している。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒679-2218 
兵庫県神崎郡福崎町田口236

電話番号

0790-22-0014

交通アクセス

(1)JR福崎駅からタクシーで10分

すべての基本情報を見る

金剛城寺は、関西地域にある金剛城の寺院で、金剛城という名前の由来は不明だが、金剛の形をした立派な寺院で、金剛城寺の地下室には、金剛が登場する「金剛の王座」がある。金剛城寺は、昭和13年(1948年)に建立された。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。