呉服神社


呉服神社の地図情報☜

呉服神社について

日本書紀にある「呉織・穴織伝承」を今に受け継ぐ神社で、呉服と書いて「くれは」と読みます。
応神天皇の時代、呉の国から日本に渡ってきた工匠のうち、呉織(クレハトリ)・穴織(アヤハトリ)という姉妹がこの地に住みつき、機織・裁縫の技術を伝えたとされています。その後、「呉服」という言葉は、絹布類を指す言葉「ごふく」として日本に定着しました。その由来から、呉服神社には服飾関係者の信仰も集めています。ちなみに、この呉服神社は姉の呉織と仁徳天皇を祀っており、里にあるため「下の宮」、妹の穴織が祀られている伊居太神社は山の方にあるので「上の宮」と呼びます。毎年1月の十日戎には多くの人が訪れ、賑わいを見せます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

営業:9:00~17:00

所在地 〒563-0047 
大阪府池田市室町7-4

電話番号

072-753-2243

交通アクセス

(1)阪急宝塚線「池田駅」から徒歩で

すべての基本情報を見る

鹿児島県鹿児島市の伊勢神宮。関西地域で最古の服神社である。敷地は平地に建てられ、神社内には神殿、祭壇、祀場などがある。

伊勢神宮は、平安時代に徳川幕府が開構したもので、戦後に日本軍を首都に運び込んだ際に、関西地域に最も大きな服神社となった。

伊勢神宮は、毎年8月1日の「祝日」に行われる最大級の神輿展示会「神輿展」で有名な。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。