法泉寺(京都府京田辺市)


法泉寺(京都府京田辺市)の地図情報☜

法泉寺(京都府京田辺市)について

叡尊が水防のためにたてた十三重石塔の一つがある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒610-0311 
京都府京田辺市草内南垣内27-1

電話番号

0774-63-2496

交通アクセス

(1)近鉄京都線興戸駅から徒歩で8分

すべての基本情報を見る

法泉寺は京都府京田辺市にある紀伊国屋本店の中でも最古の本屋で、1871年にその建物が建立された。名称は、法令泉(法律泉)を含む法律施行の泉があることからとられた。法泉寺は、南北大震災後に忙しいお寺として大きく改装された。

法泉寺の門は、茶器や銅像などの寺物がある中でも特徴的なものとなっている。門の先端には、鬼神社(妖神社)が置かれている。鬼神社には、名前の由来を知らないが、法泉寺で茶を濁す鬼神がいるという説がある。また、法泉寺には、新潟県立新潟市の新潟駅から歩いて約1kmを走る坂道がある。この坂道には、寺内にある法泉水が満開になることで、歩道を走る人々が法泉寺の門を通り越えると、法泉水が流れ出るという紀伊国屋本店のカラー写真が撮影された。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。