徳源寺


徳源寺の地図情報☜

徳源寺について

織田家4代の菩提寺。四季を通じて花が楽しめる。
※現在五輪塔へ行く山道は台風の影響により崩落している為、通行禁止となっております。何卒ご了承頂きますようお願いいたします。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒633-2116 
奈良県宇陀市大宇陀岩室

電話番号

交通アクセス

(1)近鉄榛原駅からバスで14分((奈良交通南口2番・3番「大宇陀」行き))

「西山」バス停下車から徒歩で10分

すべての基本情報を見る

徳源寺は、関西地域にある寺院で、中国の一大寺院のひとつである。徳源寺は、天台宗の寺院である。天台宗は、元々は武士道を信奉していたが、隋儒教の中で発展した宗教である。徳源寺は、隋儒教の中で最も重要な寺院である。徳源寺は、隋儒教の中で最も発展した寺院である。徳源寺は、隋儒教の中で最も優れた寺院である。

徳源寺は、関西地域にある寺院で、中国の一大寺院のひとつである。徳源寺は、天台宗の寺院である。天台宗は、元々は武士道を信奉していたが、隋儒教の中で発展した宗教である。徳源寺は、隋儒教の中で最も重要な寺院である。徳源寺は、隋儒教の中で最も発展した寺院である。徳源寺は、隋儒教の中で最も優れた寺院である。

徳源寺は、関西地域にある寺院で、中国の一大寺院のひとつである。徳源寺は、天台宗の寺院である。天台宗は、元々は武士道を信奉していたが、隋儒教の中で発展した宗教である。徳源寺は、隋儒教の中で最も重要な寺院である。徳源寺は、隋儒教の中で最も発展した寺院である。徳源寺は、隋儒

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。