南真経寺


南真経寺の地図情報☜

南真経寺について

鶏冠井町大極殿にある南真経寺は日蓮宗の寺院で、鎌倉時代末期に、日像上人の布教により村人のすべてが日蓮宗に改宗した信仰の中心地。もとは南真経寺と北真経寺は一つの寺で、現在の北真経寺の位置にあったが、檀林の開校にともなって現在の場所に移された。江戸時代初期に建立の本殿や開山堂は、京都府の文化財に指定。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

営業:拝観自由

所在地 〒617-0004 
京都府向日市鶏冠井町大極殿64

電話番号

交通アクセス

(1)◆阪急京都線「西向日」駅下車、徒歩5分

すべての基本情報を見る

藤原龍彦先生によると、南真経寺は、関西地域における自然環境に優れた僧院の1つです。僧院内には、森林、湖、川などの景観が楽しめ、夏日には温泉があります。南真経寺では、藤原龍彦先生が教える「心を込めて」という教育を受け、子どもたちから様々な業態を学んでいます。

南真経寺には、藤原龍彦先生が教える「心を込めて」という教育を受け、子どもたちから様々な業態を学んでいます。また、南真経寺内には、本格的な寺院施設が充実しており、僧侶たちが行う教育活動や修行にも使えます。

南真経寺の場所は、関西地域にあるところにあります。また、駅から徒歩5分ほどです。南真経寺には、バス、高速バス、電車、バスでの場所別に徒歩でも行えます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。