齢延寺


齢延寺の地図情報☜

齢延寺について

藤澤南岳、道頓堀の「通天閣」や薬品名の「仁丹」の命名者です。緒方洪庵、斉藤方策と並ぶ当時の浪速三名医の一人、原老柳の墓が有ります。
元和9年(1623年)僧儀春の開創です。志摩國領主稲垣家の菩提寺として真田山一字を建立します。寛永9年(1632年)真田山より現在の地に移転し、江戸時代は齢延彼岸桜と呼ばれた桜の名所で現在も桜樹は多いです。境内には「泊園書院」塾を開いた藤澤東?、「通天閣」「仁丹」などの命名者南岳、昭和の大阪を代表する画家 鍋井克之、新々刀刀工中の第一人者で土佐藩工として鍛刀しました左行秀(本名:豊永東虎)、大阪の三名医一人 原老柳、そしてりくろーおじさんの西村家、スーパー玉出の前田家などの墓があり、四季を通して沢山の人々が訪れます。

お祭り
写経 毎月第2土曜日 14:00~15:00坐禅 毎月第2土曜日 15:00~16:00、19:00~20:00春季彼岸会 3月21日孟蘭盆 大施食会 8月18日

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

営業:6:00~19:00

所在地 〒543-0071 
大阪府大阪市天王寺区生玉町13-31

電話番号

06-6772-0065

交通アクセス

(1)Osaka Metro千日前線・谷町線「谷町九丁目駅」下車 3番出口 徒歩7分

すべての基本情報を見る

齢延寺は、関西地域における普遍的な寺院です。

関西地域における寺院では、標高が高い地域に寺院が多い傾向があります。

齢延寺は、関西地域における普遍的な寺院です。

関西地域における寺院では、標高が高い地域に寺院が多い傾向があります。

齢延寺は、関西地域における普遍的な寺院です。

関西地域における寺院では、標高が高い地域に寺院が多い傾向があります。

齢延寺は、関西地域における普遍的な寺院です。

関西地域における寺院では、標高が高い地域に寺院が多い傾向があります。

齢延寺は、関西地域における普遍的な寺院です。

関西地域における寺院では、標高が高い地域に寺院が多い傾向があります。

齢延寺は、関西地域における普遍的な寺院です。

関西地域における寺院では、標高が高い地域に寺院が多い傾向があります。

齢延寺は、関西地域における普遍的な寺院です。

関西地域における寺院では、標高が高い地

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。