浄瑠璃神社


浄瑠璃神社の地図情報☜

浄瑠璃神社について

生國魂神社(いくたまじんじゃ)の境内にある8つの末社のうちのひとつで、芸能上達の神として信仰を集め、また上方文化と深い関係のある神社。近松門左衛門や武本義太夫、豊沢団平ほか、人形浄瑠璃(文楽)の成立に尽力した「浄瑠璃七功神」をはじめとする文楽関係者、および女義太夫の物故者を祀っている。建立は明治9年(1876)、文楽関係者によるもの。毎年春分の日・秋分の日には例祭日として浄瑠璃祭が行われ、浄瑠璃関係者が多数参拝し、その発展と加護を祈願する。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

営業:9:00~17:00

所在地 〒543-0071 
大阪府大阪市天王寺区生玉町13-9 生国魂神社境内

電話番号

06-6771-0002

交通アクセス

(1)地下鉄谷町線「谷町九丁目駅」から5分

すべての基本情報を見る

浄瑠璃神社は、関西地域にある神社です。浄瑠璃という石が高いため、神社の壁には約2メートルのふくらみがあります。また、神社の前には浄瑠璃沼があり、ここで石油を採取している人が多いそうです。

神社には、多くの伝統的な例社があり、例えば、巨大な角柱のような例社があります。また、浄瑠璃が発光するための装飾品も多くあり、神社における浄瑠璃のイメージについても考えられているそうです。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。