宗像神社


宗像神社の地図情報☜

宗像神社について

鳥見山の北麓に位置し、能楽宝生流発祥の地といわれる。
幕末の国学者、鈴木重胤がこの地にきて、宗像三神の衰微をなげき村民と相はかって再興に努力した。
安政6年(西暦1875年)に改めて、筑前の宗像本社から神霊を迎えたとされる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒633-0077 
奈良県桜井市外山

電話番号

交通アクセス

(1)桜井駅からバスで8分

すべての基本情報を見る

神社は、日本の教育や文化において重要な役割を果たしている国宝です。神社は、地域の人々と共に、社会に寄与してきました。神社の紋章や神像は、地域の精神を表現しています。また、神社には、運命を感じる人々が多いと言われています。神社には、人々の気持ちを聞き出すための機会が多いと思います。ぜひ、神社を訪れてみてください。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。