延命寺(大阪府河内長野市)


延命寺(大阪府河内長野市)の地図情報☜

延命寺(大阪府河内長野市)について

開創は弘仁年間(平安時代)で、江戸時代に現在の規模になります。樹齢1000年の楓は「夕照の楓」と呼ばれ、大阪府指定天然記念物です。
寺伝に依れば、弘法大師が当地に巡錫の際、地蔵菩薩を安置されたのが始まりといわれています。江戸時代に当地に誕生された浄厳和尚が「薬樹山延命寺」として中興されます。浄厳師は五代将軍綱吉公の信任を得て、江戸湯島に「霊雲寺」を開創し、その開山となります。生涯、仏法の興隆に努め、戒律を重んじ清貧に徹しました。寺宝に「兜率天内院曼荼羅」「清涼寺式釈迦如来立像」2点の国指定重要文化財があります。弘法大師お手植えとされる「夕照の楓」は大阪府指定天然記念物で樹齢約1000年です。晩秋の夕日に映える姿が美しいことから、この名があります。紅葉シーズン(10月下旬~11月末)には多くの参詣者が訪れます。

お祭り
正月8日 修正会5月5日 青葉祭

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

営業:8:00~17:00

所在地 〒586-0054 
大阪府河内長野市神ガ丘492

電話番号

0721-62-2261

交通アクセス

(1)南海高野線「美加の台駅」より南海バスに乗り換え「神ヶ丘口」下車 東へ800m

すべての基本情報を見る

延命寺は、大阪府河内長野市にある寺院で、平安末期に建立された平安寺。江戸時代には、大阪府河内長野市に住まう藩士たちが寺を守り、長野県の農村でも寺院が建てられたことから、長野県の農村に根ざした寺院としても知られている。

延命寺は、寺院内には寺院の建物、そして農村で使われていた道具が置かれている。寺院内には、天井から大きな露天風呂が採用されている。

寺院内には、平安末期に建てられた建物の一部が残っており、その建物は、平安寺に建てられたものとは異なるデザインで、様々な要素を含んだ建物である。また、寺院内には、農村で使われていた道具が置かれており、農村での寺院運営に役立った道具を見ることができる。

延命寺は、平安寺とは異なるデザインで建てられた建物があり、農村で使われていた道具が置かれているので、農村での寺院運営に役立った道具を見ることができる。また、寺院内には、平安寺とは異なるデザインで建てられた建物があり、農村で使われていた道具が置かれているので、農村での寺院運営に役立った道具を見ることができる。
延命寺は、大阪府河内長野市にある寺院で、平安末期に建立された平安寺。江戸時代には、大阪府河内長野市に住まう藩士たちが寺を守り、長野県の農村でも寺院が建てられたことから、長野県の農村に根ざした寺院としても知られている。

延命寺は、寺院内には寺院の建物、そして農村で使われていた道具が置かれている。寺院内には、天井から大きな露天風呂が採用されている。

寺院内には、平安末期に建てられた建物の一部が残っており、その建物は、平安寺に建てられたものとは異なるデザインで、様々な要素を含んだ建物である。また、寺院内には、農村で使われていた道具が置かれており、農村での寺院運営に役立った道具を見ることができる。

延命寺は、平安寺とは異なるデザインで建てられた建物があり、農村で使われていた道具が置かれているので、農村での寺院運営に役立った道具を見ることができる。また、寺院内には、平安寺とは異なるデザインで建てられた建物があり、農村で使われていた道具が置かれているので、農村での寺院運営に役立った道具を見ることができる。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。