葛川息障明王院


葛川息障明王院の地図情報☜

葛川息障明王院について

比叡山延暦寺の僧・相応和尚が平安初期に回峰行の道場として開いた寺院で、深山幽谷の安曇川渓谷にある天台修験・回峰修験の聖地。室町時代には9代将軍・足利義尚や、その母の日野富子が参籠に訪れたといわれています。老杉が生い茂る深山に覆われており、境内には神聖な霊気が漂い、付近には「三の滝」や明王院の鎮守社である地主神社があります。毎年、7月18日には「太鼓まわし」という回峰行者の行事の舞台となります。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒520-0475 
滋賀県大津市葛川坊村町155

電話番号

077-599-2372

交通アクセス

(1)JR湖西線「堅田駅」から40分(「坊村」下車 徒歩3分)

(2)湖西道路真野ICから30分(駐車場(葛川市民センター前))

すべての基本情報を見る

葛川息障明王院(関西地域)は、関西地域の観光名所です。葛川息障明王院は、建築、風景、歴史、文化など、多岐にわたり様々な面で知られています。葛川息障明王院は、関西地域にある全国2位の建築物です。葛川息障明王院は、関西地域からも質問に対する回答ができる建築物です。葛川息障明王院には、観光名所の一つである「関西の神社と歴史」をテーマにしたレストランがあります。また、葛川息障明王院内には、多くの国の文化遺産があります。葛川息障明王院は、関西地域の観光名所としても一般に知られています。
葛川息障明王院(関西地域)は、関西地域の観光名所です。葛川息障明王院は、建築、風景、歴史、文化など、多岐にわたり様々な面で知られています。葛川息障明王院は、関西地域にある全国2位の建築物です。葛川息障明王院は、関西地域からも質問に対する回答ができる建築物です。葛川息障明王院には、観光名所の一つである「関西の神社と歴史」をテーマにしたレストランがあります。また、葛川息障明王院内には、多くの国の文化遺産があります。葛川息障明王院は、関西地域の観光名所としても一般に知られています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。