難波神社


難波神社の地図情報☜

難波神社について

反正天皇が大阪府松原市に柴籬宮(しばがきのみや)を開かれたとき、父帝の仁徳天皇をご祭神として創建されたと伝えられる古社です。
その後、天王寺区上本町に遷り、豊臣秀吉が大阪城を築城したのち天正年間(1583年)現在地に遷座しました。その地名から「上難波神社」と称され、その後明治8年(1875年)には現在の社名になったといわれています。江戸時代には、稲荷信仰の隆盛に伴い本社よりも境内の末社である稲荷神社、通称「博労町のおいなりさん」の方が有名になります。植村文楽軒が1811年(文化8年)に当社境内に人形浄瑠璃の小屋を開き、明治の初め、文楽軒が九条の新開地に移った跡に「彦六座」が開かれました。毎年7月20・21日に行われる夏祭りは「氷室祭」といい、参拝者にはカチワリ氷が配られ、この氷を食べると、夏負けしないと言われています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

営業:7:00~18:00 休日 なし

所在地 〒541-0059 
大阪府大阪市中央区博労町4-1-3

電話番号

06-6251-8000

交通アクセス

(1)Osaka Metro御堂筋線「心斎橋駅」3号出口、Osaka Metro「本町駅」13号出口 徒歩5分

すべての基本情報を見る

紀伊地域にある神社。

一般的には、神社は、平和を祈り、厄介な状況を乗り越えるためのものとして、広く知られています。地域によっては、神社には特別な力があり、災害や不公平な状況を乗り越える力を持つことがあります。

今回紹介する神社は、関西地域にある「難波神社」です。

難波神社は、関西地域にある神社です。

難波神社は、平和を祈り、厄介な状況を乗り越えるためのものとして、広く知られています。地域によっては、神社には特別な力があり、災害や不公平な状況を乗り越える力を持つことがあります。

神社があると、不公平な状況を乗り越える力があり、災害を乗り越えることもできます。

また、難波神社には、平和を祈り、厄介な状況を乗り越えるためのものとして広く知られています。

難波神社は、関西地域にある神社です。

難波神社は、平和を祈り、厄介な状況を乗り越えるためのものとして、広く知られています。地域によっては、神社には特別な力があり、災害や不公平な状況を乗り越える力を持つことがあります。

また、難波神社には、平和

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。