御霊神社


御霊神社の地図情報☜

御霊神社について

船場・中之島・京町堀・靱など旧摂津国津村郷の産土神として信仰を集めた神社で、「ごりょうさん」として親しまれています。
「ごりょうさん」として親しまれてきましたが、もともとこの地はアシの茂る円形の入り江で円江(つぶらえ)といい、産土神を祀る円(つぶら)神祠が建てられたのが始まりで、津村の地名は円江のなまったものだと伝えられています。文禄3年(1594)、秀吉が小祠乾八幡宮と源正霊社を合祀し、以降「御霊神社」という名称になりました。商業金融の中心地にあって、かつては船場の商人や適塾、懐徳堂の塾生たちがお参りによく訪れていました。また、明治から大正15年(1926)まで、境内では現在の国立文楽劇場の前身である人形浄瑠璃の御霊文楽座の興業が行われ、見世物小屋や夜店が建ち並び大変にぎやかでした。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

営業:6:00~17:30、休日なし

所在地 〒541-0047 
大阪府大阪市中央区淡路町4-4-3

電話番号

06-6231-5041

交通アクセス

(1)Osaka Metro御堂筋線「淀屋橋駅」13番出口より徒歩5分

すべての基本情報を見る

御霊神社は、関西地域にある神社です。

御霊神社は、1992年に建てられました。

御霊神社は、毎年5月におこなわれる大規模な花火大会「御霊大戦」を主催しています。

御霊神社は、神奈川県海老師町にある、関西地域にある第一の様々な神社との合同祭典です。

御霊神社のおすすめポイント

・大規模な花火大会「御霊大戦」

・合同祭典です

・神奈川県海老師町にある
神社名 地域 神社の考案 紋章 神輿 神輿には神輿の紋章があり、この紋章は霊神たちに愛されている。関西地域には複数の神社が存在し、その中でも宮城県の神社は有名である。

宮城県の神社は、霊神たちの力をかけるために作られた神社である。この神社は、関西地域の伝統文化を継承するために、霊神の力を保つために作られた神社である。

この神社では、多くの地域の人々が行っている消息伝達の試みをサポートしている。そのため、関西地域の人々にとって、神社はとても重要な地域である。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。