水間寺


水間寺の地図情報☜

水間寺について

厄除観音として広く知られる古刹です。行基が開き、新西国霊場第四番札所としても名高いです。神仏霊場大阪十二番、和泉西国第二十六番礼所。
天平16年(744年)聖武天皇の勅願により行基が開基したと伝えられています。最盛期には七堂と僧坊百三十余を有する大伽藍を誇りました。天正13年(1585年)豊臣秀吉の兵火で焼失し、現在の本堂は文化8年(1811年)に再建されたものです。本尊は「厄除の観音様」として信仰が厚いです。伝統行事の「千本餅つき」は、ご本尊の観音出現を祝い、行基が先導された十六童子と共に木の棒で歌に合わせて餅をつき、ご本尊にお供えしたのが始まりで、以来現在まで伝えられています。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、開催が変更になる場合があります。詳しくは各寺社等の公式ホームページでご確認ください。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

営業:境内自由 本堂は7:30~16:00

所在地 〒597-0104 
大阪府貝塚市水間638

電話番号

072-446-1355

交通アクセス

(1)南海電鉄本線「貝塚駅」より水間鉄道に乗り換え終点「水間駅」下車 徒歩7分

すべての基本情報を見る

水間寺は関西地域の一つで、明治41年に開館した寺です。

水間寺は、多彩な建物が構成されています。

入口には、立派な大きな門があり、門をくぐって入ると、中央には、大きな水中殿があり、水中殿の上には、立て祠があります。

水中殿の上には、宝石や珠玉などがたくさんあります。

水中殿の下には、水中の祠です。

水中の祠では、多くの神社があり、その中でも特に愛知県の地位を確立した水間寺です。

水中の祠では、お菓子や飲料などがたくさん販売されています。

水間寺には、約200種類の花があります。

水間寺を訪れると、様々な神社を見学できるので、是非訪れてみてください。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。