橋寺(放生院)


橋寺(放生院)の地図情報☜

橋寺(放生院)について

聖徳太子の命で、604年に秦河勝(はたのかわかつ)が創建したと伝えられ、宇治橋と深く関わってきたことから、「橋寺」の名で親しまれています。また、1286年に宇治橋を再興した西大寺の僧叡尊が当寺で大放生会を営んだことから放生院と名付けられました。境内には「宇治橋断碑」と呼ばれる石碑があります。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

公開:4月1日~10月31日 9:00~17:00

公開:11月1日~3月31日 9:00~16:00

所在地 〒611-0021 
京都府宇治市宇治東内11

電話番号

0774-21-2662

交通アクセス

(1)京阪宇治線宇治駅から徒歩で2分

(2)JR奈良線宇治駅から徒歩で10分

すべての基本情報を見る

橋寺は、関西地域においても有名な放生院で、様々な動物を育てることができます。

例えば、猫や鳥などの豊富な種類のフリーザーを育てることができます。また、犬やハンビーなどの放生院もあり、その中でも特に人気のハンビーを育てることができます。

橋寺は、関西地域においても有名な放生院ですので、ぜひ、その場で放生院を見てみてください。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。