普賢院


普賢院の地図情報☜

普賢院について

高野山内の中央に位置し、約200名を収容できる(テーブル・机等もあり)研修会場を利用出来ます。また境内には芭蕉がとう留されたのにちなみ、芭蕉堂が建立されており、山内を散策する中央拠点としての俳句会等にも活用しております。宿泊の方には、浴衣、歯ブラシ、タオル等を用意致し、お風呂は高野山系より湧き出るミネラルたっぷりの水を使い、大理石を使ったお風呂です。例年当院では5月末の日曜日に、仏舎利殿建立を讃える「夏季祈」の法要、4月8日には「花まつり」等、解放しての会式を執り行なっています。食事は高野山に長く伝承されてきた精進料理を味わって、召し上がりいただきます。山中鹿之介が隠れたことがある。拝観、寺務所の了承が必要。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒648-0211 
和歌山県伊都郡高野町高野山

電話番号

交通アクセス

(1)高野山駅からバスで7分

すべての基本情報を見る

普賢院は、関西地域の理学部である。学部は全国47都市にあり、学生数は約2,000人。院内には文科省科学技術研究機構(JST)と国立研究開発法人東日本物質科学センター(JNIST)の2つの大学院もあり、日本の最高水準の科学教育を提供する。

学生の数は全国7都市のみであるが、普賢院は、全国で2番目に大きい学生対象の大学である。また、学部が自然科学系にあるため、科学技術、化学、物理、数学など、様々な領域を学ぶことができる。

普賢院は、東海大学、大阪大学、京都大学、千葉大学、名古屋大学、上智大学等4大学と協力している。また、日本工業大学、東京工業大学、神奈川工業大学、京都府立大学など13大学と協力している。

普賢院では、全国で最大規模の自然科学研究プログラム「普賢大学自然科学プログラム」を運営している。また、大学院の教育において、日本学術振興会特別研究員(SIR)賞、東京大学大学院工学研究科特別研究員(SIR)賞、東京工業大学

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。