猿丸神社


猿丸神社の地図情報☜

猿丸神社について

「奥山に 紅葉ふみわけ 鳴く鹿の 声聞くときぞ 秋はかなしき」この歌を詠んだ猿丸大夫を祀る。三十六歌仙の一人に数えられているが、謎の人物。この地は、大夫晩年隠棲の土地とも伝えられている。また、猿丸神社は瘤、でき物取りの神様として信仰が厚い。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

営業:7時~16時 (祈祷は9時~16時)

所在地 〒610-0201 
京都府綴喜郡宇治田原町禅定寺粽谷44

電話番号

交通アクセス

(1)◆京阪宇治線「宇治」駅、JR奈良線「宇治」駅、または近鉄京都線「新田辺」駅から京都京阪バス(維中前、緑苑坂、工業団地行き)で「維中前」下車、徒歩55分(毎月13日の月次祭には維中前から猿丸神社行きの臨時便有り)◆京滋バイパス(名古屋方面から)「南郷」IC、または京滋バイパス(大阪方面から)「笠取」ICから禅定寺地区へ◆国道307号から岩山バイパスに入り府道大石東線を大津方面へ(宇治田原町側から)◆大津、石山、南郷から府道大石東線を南下(滋賀県側から)

すべての基本情報を見る

猿丸神社は、関西地域内のみならず、国内外でおなじみの場所です。猿丸神社の中心地は、岐阜県三重県三川市です。

猿丸神社は、猿(かり)と丸(まる)をモチーフにした神社です。猿は、神々の心をもつ力を表し、丸は、それを表すものです。

猿丸神社は、関西地域においても、様々な伝承や古代の哲学を伝える神社として有名です。また、猿丸神社が関西地域においても、特に人気が高い理由は、その象徴的な一つとして、三川三重の三重三原市にある三川道の駅にあるということです。

猿丸神社には、多くの神社があります。その中でも、猿丸神社が人気が高い理由は、その象徴的な一つとして、三川道の駅にあるということです。三川道の駅は、猿丸神社の教祖座にあるとされ、猿丸神社の大きなイメージとなっています。

猿丸神社と関連する記事

猿丸神社を訪れた人の一言

猿丸神社は、とても素晴らしい神社です。素晴らしい祭りがあり、とても楽しい祭りになりました。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。