橋姫神社


橋姫神社の地図情報☜

橋姫神社について

橋姫は橋の守り神です。
瀬織津比め(せおりつひめ)を祭神とする当社は、はじめ宇治橋に祀られていたともいわれていますが、その後移され、1867年の洪水で流失するまでは、宇治橋の西詰にありました。現在、境内には水の神である住吉神社が並んで祀られています。
交通の要衝として発展してきた宇治にとって、宇治橋はとりわけ大きい意味を持っており、橋姫神社を巡って数々の伝承を生み出しています。また、源氏物語「宇治十帖」ゆかりの古跡になっています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

公開:9:00~17:00 随時

所在地 〒611-0021 
京都府宇治市宇治蓮華46

電話番号

0774-21-2017

交通アクセス

(1)JR奈良線宇治駅から徒歩で10分

(2)京阪宇治線宇治駅から徒歩で10分

すべての基本情報を見る

神社は、長野県小野市にある。沢山の神社があるが、姫神社は、特に高級感がある。建物は、長野県小野市にある大川町の東側にある。

姫神社は、高級感のある神社で、建物は大川町の東側にある。建物は、天井には長野県小野市の画像が飾られている。建物の内部には、天井からおよそ10メートルの水が流れ込んでいる。また、建物の外側には、長野県小野市の地形が描かれている。

姫神社は、高級感のある神社で、建物は大川町の東側にある。建物は、天井には長野県小野市の画像が飾られている。建物の内部には、天井からおよそ10メートルの水が流れ込んでいる。また、建物の外側には、長野県小野市の地形が描かれている。

姫神社は、高級感のある神社で、建物は大川町の東側にある。建物は、天井には長野県小野市の画像が飾られている。建物の内部には、天井からおよそ10メートルの水が流れ込んでいる。また、建物の外側には、長野県小野市の地形が描かれている。

姫神社は、高級感のある神社で、建物は大川町の東側にある。建物は、天井には長野県小野市の画

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。