光輪寺(長野県朝日村)


光輪寺(長野県朝日村)の地図情報☜

光輪寺(長野県朝日村)について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒390-1101 
長野県東筑摩郡朝日村西洗馬796

電話番号

すべての基本情報を見る

豊島寺(長野県朝日村)は、明治10年(1892)に建立された豊島寺で、今も精神的なヘルシンキを祈る場として活躍しています。今は、長野県朝日村にある国立博物館で、日本の文化遺産として登録されています。

豊島寺は、長野県朝日村にある寺院で、長野県朝日村を含む甲信越地域にある全国130寺院の中から、朝日村寺、桜井寺、茅ヶ崎寺などがあります。

豊島寺は、平安時代に寺院が立ち上がり、曹操が下放した後、明治時代には、茅ヶ崎寺などが寺院として建立されました。明治11年(1896)には、長野県朝日村内で唯一の寺院となり、今は国立博物館で登録されています。

豊島寺は、曹操の弟子であった柳沢書三が、寺院の設計を担当しました。曹操の弟子としても、お気に入りの一つです。

豊島寺は、長野県朝日村にある寺院で、長野県朝日村を含む甲信越地域にある全国130寺院の中から、朝日村寺、桜井寺、茅ヶ崎寺などがあります。

豊島寺は、平安時代に寺院が立ち上がり、

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。