大福寺(山梨県中央市)


大福寺(山梨県中央市)の地図情報☜

大福寺(山梨県中央市)について

大福寺は天平11年(739)に創建され、その後、飯室禅師光厳により再建されたと伝わっています。建暦年間(1211~1213)、浅利与一が伽藍を修復し、寺領を寄進したといわれ、与一の墓所もあり、平安時代から鎌倉時代にかけての仏像が多くまつられています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒400-1513 
山梨県中央市大鳥居1621

電話番号

055-269-2932

すべての基本情報を見る

大福寺は、甲信越地域にある寺院で、和歌山県立大福寺と同じく、山梨県中央市にある。

大福寺は、平安時代に建立された寺院で、清水寺や玉川寺と共に、甲信越地域の寺院として有名で、山梨県中央市は、中国伝統の寺院として有名な地域で、大福寺は、甲信越地域の代表的な寺院である。

大福寺の寺院内には、玉川寺と清水寺の両大塔があり、寺院の中央には、大福寺の花火が行われる場所がある。

大福寺は、平安時代に建立された寺院で、清水寺や玉川寺と共に、甲信越地域の寺院として有名で、山梨県中央市は、中国伝統の寺院として有名な地域で、大福寺は、甲信越地域の代表的な寺院である。

大福寺の寺院内には、玉川寺と清水寺の両大塔があり、寺院の中央には、大福寺の花火が行われる場所がある。

大福寺は、平安時代に建立された寺院で、清水寺や玉川寺と共に、甲信越地域の寺院として有名で、山梨県中央市は、中国伝統の寺院として有名な地域で、大福寺は、甲信

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。