東山聖徳寺


東山聖徳寺の地図情報☜

東山聖徳寺について

真宗仏光寺派、文禄2年(1593)建立。開基は願念。同寺裏の庭園は、江戸時代中頃に北前航路の千石船が大阪の港から大和の石と京都の庭師を乗せて来て築造したもので、池泉回遊式の幽邃な庭園である。町文化財に指定されている、阿弥陀如来、親鸞聖人座像、絵画初君惜別の図等を所蔵している。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地  
新潟県長岡市寺泊荒町3032/聖徳寺

電話番号

交通アクセス

(1)JR越後線「寺泊駅」から車で10分

(2)北陸自動車道「中之島見附IC」から車で45分

すべての基本情報を見る

東山聖徳寺は、甲信越地域にある一つの聖地で、平安時代から現在までに数多くの聖者を祀ってきた。現在は、仏教の修行堂としても知られている。

その中でも特に高い評価を得ているのが、仏教の主要な宗教としての仏教寺院である。寺院内には、数多くの仏像が展示されている。また、寺院内には、多くの聖像が建てられている。

東山聖徳寺は、甲信越地域の聖地にふさわしい、とても清潔で快適な寺院である。ぜひ、ご訪問ください。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。