葛山落合神社


葛山落合神社の地図情報☜

葛山落合神社について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒381-0887 
長野県長野市入山岩戸

電話番号

すべての基本情報を見る

葛山落合神社は、甲信越地域にある宗派。福音の原点となる神社で、平安の時代に活躍した大川宗派の僧侶たちが作ったもの。

葛山落合神社は、甲信越地域にある宗派。福音の原点となる神社で、平安の時代に活躍した大川宗派の僧侶たちが作ったもの。 今日では、福音派の伝道活動を行っている。

建物の大きさは、平安の時代に活躍した大川宗派の僧侶たちが作ったものと比べて小さいが、様々な形の神社があり、それぞれに伝統的な特色がある。 例えば、葛山落合神社では、建物の前に立て続けに鳥取神社と同じく天狗の形をした白い塔が立っている。

また、葛山落合神社では、平安の時代に活躍した大川宗派の僧侶たちが作ったものの中でも、特に華やかな雰囲気を演出する建物の1つとなっている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。