長禅寺


長禅寺の地図情報☜

長禅寺について

甲府五山の一つ。信玄が禅を学んだ寺で,七堂伽藍がよく整っている禅寺。信玄の母・大井夫人の墓がある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒400-0023 
山梨県甲府市愛宕町208

電話番号

交通アクセス

(1)甲府駅から徒歩で15分

すべての基本情報を見る

長禅寺は、甲信越地域にある禅寺です。建てられたは、平安末期になると長寿の禅師たちが訪れていたことから、長寿を祈るために建てられたといわれています。

長禅寺は、天台寺と同じく、品川口から徒歩2分です。長禅寺の中には、様々な寺院があり、その中でも特に長寿の禅師たちが多かったといわれています。
今回は、古長禅寺(甲信越地域)を詳しく紹介します。古長禅寺は、甲信越地域にある禅宗の中心地として知られています。古長禅寺の教えは、慈悲と喜びをキーワードにしています。古長禅寺の建物は、16世紀に建てられたものです。その中で、建てられた建物の中でも最も古く、16世紀初頭に建てられたものとされています。古長禅寺には、多くの禅宗の修行場所があります。古長禅寺では、多くの参拝者が、禅の修行に励むことができます。また、古長禅寺には、住宅街や都市街の周辺にある店舗も多く、参拝者にとって、いろいろな情報を得ることができます。古長禅寺は、甲信越地域にある禅宗の中心地として、参加していただくことをオススメします。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。