船岡山萬善寺


船岡山萬善寺の地図情報☜

船岡山萬善寺について

真言宗豊山派和銅元年(708)の創立、開基は泰澄の弟子臥行者。寺の縁起によると「越前国の泰澄大徳当国米山開基の後国上に来り給う。その時弟子臥行者、米山東より船に乗り当地に着岸し、船岡に一佇を建立船行寺と号す。」とある。寺名はその後萬善寺と改称。往時は、越後屈指の巨刹として多くの免田を賜り、塔頭も12坊舎を数え寺勢大いに振った。その後戦国の動乱で兵火に焼かれ、現在は本寺と末寺を残す。寺泊地区最古の寺院。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地  
新潟県長岡市寺泊万善寺1001

電話番号

交通アクセス

(1)JR越後線「寺泊駅」から車で5分

(2)北陸自動車道「中之島見附IC」から車で40分

すべての基本情報を見る

萬善寺は、甲信越地域にある元山下宮殿である。建造は数々の古い寺院を参照してみればわかるように、岩手県西部にある川崎市の山下宮殿の影響を受けたものである。寺院内には、山下宮殿の様子にある松屋のそばに、寺院の地下室にある祖堂である。

萬善寺には、徳川幕府中期に建立された徳川宮殿の一部として使用された上流階級の宮殿である。寺院には、徳川幕府下期に建立された宮殿があり、この宮殿は、日本初の旧宮殿となる。また、山下宮殿は、明治天皇が設立した山本宮殿と同様に、天皇の名前を冠した宮殿である。

寺院内には、徳川幕府時代に宮内庁が設置された「上流階級の宮殿」と呼ばれる図書館があり、徳川幕府時代の東洋文化に関する図書が多数蔵書に保存されている。また、寺院内には、旧宮殿の様子を再現する「新宮殿」があり、新宮殿内には、徳川幕府期に建立された天皇の看守所があり、天皇の看守所内には、徳川幕府時代に建立された図書館があり、徳川幕府時代の東洋文化に関する図書

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。